前へ
次へ

不要になった不動産物件を処分する

相続などで不要になった不動産物件を処分しなければいけない、ということもあるかもしれません。
法定相続人が複数いた場合には土地や家屋を等分にすることはできないので、売却をして現金にした上で等分にするということになります。
しかし条件によっては中々売却をすることができない、ということもあります。
地元の不動産業者に相談を行った上で売却に関する相談を行ってみるよいでしょう。
売却をする場合には測量を行いなおすということがあります。
どれくらいの広さになっているのか、ということを確認しなければ、売却に関する書類の作成を行なうことが出来ない場合もあります。
測量も不動産業者で手配をしてくれることがありますが、その分の手数料がかかってしまう、ということがあるので、費用を抑えたいと考えている場合には、自分で色々手配をしてみるとよいでしょう。
そうすることによって売却に関する手数料を少しでも抑えることが出来るでしょう。

Page Top